2016年5月2日月曜日

舎利弗と「天女」 [維摩経]



話:室謙二





私はこの10年ぐらいは、「維摩(ゆいま)経」「観無量寿(かんむりょうじゅ)経」をよく読んでいる。どうしてかと言われても困るが、好きなんだね。







「維摩(ゆいま)経」にでてくる智慧第一の僧の「舎利弗(しゃりほつ、シャーリプトラ)」は、つまらない男であった。「在家の維摩(ゆいま)居士の病気見舞いに行きなさい」とブッダに言われて訪ねてみると、維摩は自分が作り出した空っぽの家にいる。

舎利弗は空っぽの家で、自分の座席をさがす。それで維摩に、

「おまえは教え(ダルマ)を求めてここにやって来たのか? 自分の座席をさがしにやってきたのか?」

と言われてしまう。

かつてパーリ語仏典では、舎利弗は重要人物であった。それが大乗の維摩によって「つまらない男」にされてしまった。舎利弗は維摩の空(くう、空っぽの家)で、すでに混乱している。その家には、全宇宙が入りうるらしい。



維摩居士は、

「自分は『方便』としての病気になっている」

と乱暴なことを言っている。そして、「病は真実ではなくて、存在しないものだ」と言いだす。

病が「方便(人を深い理解にいたらせる手段)」だとしたら、生老病死は人間が逃れることのできない四つの苦である、という仏教の基本認識はどうなるのか? 生まれることも、年をとることも、死もまた「方便」になるのであるか?

ここでは革命的なことが述べられているらしい。







さて、維摩の家には「天女」が住んでいる。

それが男たち(維摩・文殊・舎利弗)の議論を聞いて、うれしくなって参加すべく空中にあらわれた。敦煌の壁画などに描かれている空中を飛ぶ天女ですね。







彼女が部屋を飛びながら「花びら」をまくと、それはヒラヒラと落ちてきて、舎利弗の体にくっついて離れない。舎利弗はそれを振り落とそうとする。

「なぜ振り落とそうとするのか?」

と天女が聞く。

「出家者(男)の私に似つかわしくないからだ」

との答え。その私とは何なのか? 天女は、

「あなたには執着があるから、あれこれ分別して考えるから、花びらは体にくっついて落ちない」

と言う。







舎利弗は天女の「仏教理解」に感心して、

「あなたはどうして女であることを転じて、男の身を示さないのか?」

と女性差別的なことを言う。舎利弗に悪気はないのです。しかし舎利弗は、男がすぐれていて男のみが出家者になれると考えているらしい。だから天女も男になって、私とおなじような偉大な(なにしろ「智慧第一」なのだから)仏教指導者になったらどうか、ということなのだろう。

これに対する天女の答えは、

「私はまるまる12年間にわたって、女であることを求めていますが、それを得ることはありません」

天女はつづける。

「舎利弗さん、あらゆるものごとは幻術によってつくられたもので、完全なものではないのです。それなのに、幻術によってつくられた男のあなたが、幻術によってつくられた女性の私に、『どうして女であることを転じて、男の身を示さないか』などと言えるのでしょうか?」

と切り返す。それどころか神通を発揮して、舎利弗を天女の姿に変えて、天女の姿を舎利弗に変えてしまう。そして男の姿になった天女は、女の姿になった舎利弗に

「どうしてあなたは、女であることを転じて男の身を示さないのか?」

と言うのだった。



舎利弗は維摩の空っぽの部屋で混乱して、自分の居場所をさがしていたのだが、女にされてしまい、男と女のあいだでも混乱する。自分に乳房があり、男性性器が消えて女性性器をもったことに困惑しているのだ。

「どのように元にもどすのか? どうして男の姿が消えて、女の姿になったのだ? 私にはわからない」

ということになる。



天女の言葉はつづく。

「もしあなた舎利弗が、女であることを元にもどすことができるなら、そのときはすべての女たちも、また女であることを元にもどすでしょう。

でもいったい、どこに戻すというのでしょうか?

あなたが女でないのに女の姿になっているように、すべての女たちも、女でないのに女の姿になっているのです。世尊は『あらゆるものごとは、女でもなく男でもない』と言われました」

そうして天女は神通を解いた。すると舎利弗は男の姿になり、天女は結論を述べる。

「あなたの女の姿はどこにいったのでしょうか? あらゆるものは、作られたものでも、作りかえられたものでもありません。作られることもなく、作りかえられることもありません。それがブッダの言葉なのです」



ここで天女は、徹底的に男女差別を否定している。ありとあらゆる差別の否定と、あらゆる区別と分別をも否定している。ものは「作られることもなく、作りかえられることもない」。つまりもの自体が、他のものと区別して存在することを否定して、もの自体の存在も否定している。

区別も分別も差別もない世界である。

維摩経のひとつのテーマは

完全な平等性

である。モノとモノのあいだに区別はなく差別もなく、それらはすべて完全な平等なのだ。







私は、舎利弗をやっつけて完全な平等をうたう天女のファンになった。

私の還暦記念に「ゴビ砂漠のオアシス敦煌に行ってみよう」と妻を誘ったのは、維摩経の天女を知っていたからで、敦煌石窟の壁画の天女を、写真ではなく実際に見たいと思ったから。







アメリカで仏教を学ぶ (平凡社新書)



0 件のコメント:

コメントを投稿