2014年5月22日木曜日

無門関 第一則 趙州狗子 [原文+訓読]




一 趙州狗子



趙州和尚、因僧問、狗子還有佛性也無。

趙州和尚、因(ちな)みに僧問う、「狗子、還(は)た仏性(ぶっしょう)有りや」。



州云、無。

州云く、「無」。



無門曰、參禪須透祖師關、

無門曰く、「参禅は須(すべから)く祖師の関を透(とお)るべし。



妙悟要窮心路絶。

妙悟は心路を窮めて絶せんことを要す。



祖關不透心路不絶、盡是依草附木精靈。

祖関透らず心路絶せずんば、尽(ことごと)く是れ依草附木(えそうふぼく)の精霊ならん。



且道、如何是祖師關。

且(しば)らく道(い)え、如何が是れ祖師の関。



只者一箇無字、乃宗門一關也。

乃(すなわ)ち宗門の一関なり。



遂目之曰禪宗無門關。

遂に之れを目(なず)けて禅宗無門関と曰(い)う。



透得過者、非但親見趙州、便可與歴代祖師把手共行、眉毛厮結同一眼見、同一耳聞。

透得(とうとく)過(か)する者は、但(た)だ親しく趙州に見(まみ)えるのみに非(あら)ず、便(すなわ)ち歴代の祖師と手を把(と)って共に行き、眉毛(びもう)厮(あ)い結んで同一眼(どういつげん)に見、同一耳(どういつに)に聞く可(べ)し。



豈不慶快。

豈(あ)に慶快(けいかい)ならざらんや。



莫有要透關底麼。

透関を要する底(てい)有ること莫(な)しや。



將三百六十骨節、八萬四千毫竅、通身起箇疑團參箇無字。

三百六十の骨節、八萬四千の毫竅を将(も)って、通身に箇の疑団を起して箇の無の字に参ぜよ。



晝夜提撕、莫作虚無會、莫作有無會。

昼夜提撕(ていぜい)して、虚無(きょむ)の会(え)を作(な)すこと莫(なか)れ、有無(うむ)の会(え)を作(な)すこと莫(なか)れ。



如呑了箇熱鐵丸相似、吐又吐不出。

箇の熱鐵丸(ねつてつがん)を呑了(どんりょう)するが如くに相い似て、吐けども又た吐き出さず。



蕩盡從前惡知惡覚、久久純熟自然内外打成—片、如啞子得夢、只許自知。

従前の悪知悪覚を蕩尽(とうじん)して、久々に純熟して自然(じねん)に内外(ないげ)打成(だじょう)一片ならば、啞子(あし)の夢を得るが如く、只(た)だ自知することを許す。



驀然打發、驚天動地。

驀然(まくねん)として打発せば、天を驚かし地を動ぜん。



如奪得關將軍大刀入手、逢佛殺佛、逢祖殺祖、

関将軍の大刀を奪い得て手に入るるが如く、仏(ぶつ)に逢うては仏を殺し、祖に逢うては祖を殺し、



於生死岸頭得大自在、向六道四生中遊戲三昧。

生死(しょうじ)岸頭(がんとう)に於いて大自在を得、六道(ろくどう)四生(ししょう)の中に向かって遊戯(ゆげ)三昧(ざんまい)ならん。



且作麼生提撕。

且(しば)らく作麼生(そもさん)か提撕(ていぜい)せん。



盡平生氣力擧箇無字、

平生(へいぜい)の気力を尽くして箇の無の字を挙(こ)せよ。



若不間斷、好似法燭一點便著。

若(も)し間断(けんだん)せずんば、好(はなは)だ法燭の一点すれば便ち著(つ)くに似ん。



頌曰

頌(じゅ)に曰く



狗子佛性

狗子仏性



全提正令

全提(ぜんてい)正令(しょうれい)



纔渉有無

纔(わずか)に有無(うむ)に渉(わた)れば



喪身失命

喪身(そうしん)失命(しつみょう)せん。






出典:無門関 (岩波文庫)



関連記事:

無門関 第一則 趙州狗子 [原文]




0 件のコメント:

コメントを投稿